[web]Fireworks(.png)からPhotoshop(.psd)に変換するときのコツ

Fireworksで作った編集可能なファイルを、.psd形式に変更する時、気に留めておいたほうがいい、代表的なポイントをあげます。

1.パスの線は再現できないので、塗りに変える

例えば、1pxのパスの線をPSDに変換すると消えるようです。うまく表示されません。
1pxのパスの塗りに変更してPSD化すればOKです。

2.パスの線は、基本的に塗りになる。

弧を描いた線をパスで書くと、PDFでは塗りの半円になってしまうようです。

塗りで弧を描いた線を最初から描くといいと思います。基本的には、パスは全部塗りにしていると安心ですね。

3.半透明は再現できるときとできないときがある

パスなどを半透明にすることで少し色を薄めて使っていたりすると、その半透明がPSDに変換した時に再現されなかったりします。透明をやめて、半透明時の色で塗ってからPSD化すればOKです。

4.トーンカーブが効かない

いっかい無くして、Photoshopに持ってきてから付けると良いでしょう。

アドビさんがFireworksをフォローしなくなってだいぶ月日が経ちましたが、昔作られた.pngファイルを編集する機会がある方もいらっしゃると思います。それを機会に.psdに変換しておくと、いつかFireworksを利用できなくなった時にも安心ですね。

ところで、XDはFirerworksのような手軽さがあって良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする