PuTTYと書いてパティと読む

同僚に、PuTTYというツールを教えてもらって、
レンタルサーバーでsshでログインをして「なんかすごい、画面黒い!」と感激したのは、ずいぶん昔のことです。

その人がPuTTYをプッティーと呼んでいたので、自分もずっとプッティーと読んでいました。

先日、話していた同僚が、

「・・・それでパティでログインすればいいんですよね」

と言ったので、

「パティ? バディって?」
「PuTTYです」
「プッティーのこと?」
「プ、プッティー??」

という経緯があり、呼び名がパティなんだということが判明。

幸いにもまだPuTTYについて人と雑談したことは無く、これが初めてでしたので、恥ずかしい出来事をさらっと流せました。

まったくの他人の方と話した際に発覚したら、さぞ恥ずかしかったことだろうと、擦り傷で良かったなと思うことにしたが、脳の痒くなるような経験でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする