the_Date()とthe_time()についての違い

WordPressで記事の一覧を作るときに、日付を表示するテンプレートタグのthe_Date()とthe_time()について、出力のされかたの違いを知っておくと便利です。

the_Date()

記事出力の際にthe_Date()を利用すると、 同じ日付の場合、記事がまとまって表示されます。

例)
2017/12/3
あいうえお かきくけこ。
さしすせと たちつてと。

the_time()

記事出力の際にthe_time()を利用すると、 同じ日付で記事をいくつか登録しても、それぞれの記事に日付がつきます。

例)
2017/12/3
あいうえお かきくけこ。
2017/12/3
さしすせと たちつてと。

という違いです。
一日に難記事も配信しない場合はあんまり両方の差を意識することもありませんが、記事の更新が増えてきて、何か表示が崩れてるな・・・と思った時は調べてみると良いですね。

下記、WordPress Codex 日本語版のそれぞれの説明です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする