蜂に刺される

4、5ヶ月前。今年の夏のことです。子供の頃以来、久しぶりに蜂に刺されました。
洗濯物の服の中に紛れ込んでいたようで、風呂から上がって寝間着を着ようとしたところ、突然肩に鈍痛というか痺れのようなものを感じました。ジーンときて、何かにぶつかったようなそんな感じです。

最初は肩がつったか、何かの拍子に体を良くない体制にしたことから、痺れたのかと思いました。しかし思ったより真剣に痛い。痛みを感じたのは右肩ですので、左手で洋服の上から揉もうとすると、ゴロッとした触感とともに「ジジ・・・」という音がしました。
もしやと思って服をとっさに脱いだら、床に小さなものが落ちました。

蜂でした・・・!

すでに、息も絶え絶えのようでした。

蜂に刺されたて思ったこと

刺され慣れている人は「なにを大げさな」とおもわれるかもしれませんが、正直ビビりました。小学生の頃に蜂に刺されてことがあるので、アナフィラキシーショックになったら、どうなってしまうんわし、と。

結局なにもおこらず事なきを得ましたが、けっこう怖い体験でした。

痛みはいつまでか

虫刺されの薬を塗ったものの、私の場合は3日間ぐらいなんとなく腫れて幹部が熱く、軽く痛かったです。その後痛みはなくなって痒みが4、5日ほど残りました。

心配な人はすぐ医者に行くべき

当たり前ですが、刺されたらお医者さんに行ったほうが良いと思います。結果的に渡されるのが、薬局で買えるような虫さされの薬であっても、お医者さんに判断してもらえたことによる安心は、変えがたいものですし。

今は冬。しばらく蜂を目にするシーズンは先ですが、最近はセアカゴケグモとかヒアリとか、刺されたらシャレにならないものもいますし、都会では小さいスズメバチが繁殖してるとも言います。蜂をはじめとした刺すタイプの虫には、皆様ご用心してお過ごしください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする